初心者に分かりやすい
このサイトについて
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
SNS
写真

 

 


* この文章は2001年頃に書かれたモノです。ご注意下さい。

 

 パソコンを使い始めてちょっとすると気になる不要ソフト。「不要ソフトはなるべく削除したほうがいいよ」ってよくいわれるけど、どうやって見分けて、どうやって削除するんじゃい?

 

不要ソフト

 どれが不要ソフトなのか見分けるのは、初心者にはとっても難しいです。ずばり、これは、「試行錯誤」で覚えるしかありません。

 というのも、パソコンの機種によって最初からインストールされているソフトが異なるのと、世の中には数多くのソフトがあるために具体的に不要ソフトを挙げるのが不可能なことと、パソコンによっても不要・必要のソフトが異なるためです。

 

 不要だと思って削除する → パソコンの調子がいきなりおかしくなる → これは、必要だったんだと学習する

 この試行錯誤によって、覚えてください(爆)。プリインストール(パソコンを買ったときから入っている)ソフトは、大抵マニュアルにどういう働きをするソフトなのか書かれていますので、面倒くさがらずにマニュアルを読めば調べることが可能です。

 また、削除する際は、パソコンの調子がいきなりおかしくなることに備えて、パソコンのデーターをバックアップ(フロッピィーディスクに保存)しておいて下さい。

 

常駐ソフト

 パソコンの調子を悪くするソフトは、大抵常駐型のソフトです。常駐型のソフトというのは、パソコンの起動にあわせて、勝手に立ち上がるソフトのことで、大抵は、パソコン画面右下(インジゲーター部分)に、アイコンで表示されます。

 そこで、まずは、パソコン右下のアイコンを、右クリックしたりしてヘルプを表示させ、どういう名前のソフトが常駐しているのかチェックしてください。次に、ヘルプを読んでその常駐ソフトがどういう働きをしているのかを確認して、この常駐ソフトが必要か、不要かを判断してください。大抵は不要です(笑)。

 不要と判断したら、アンインストールするのではなく「常駐を外し」ましょう。もちろん、付与の判断ができるのであればアンインストールしてもいいですが、それが無理な初心者の場合、常駐を外すだけでパフォーマンスアップの効果が期待できます。

 常駐を外す方法は様々なので一概には言えませんが、アイコンを右クリックしたときに表示されるメニューの中にあったり、そのメニューから「オプション」等をクリックして表示されるオプション設定の中にあったりします。

 

 常駐を外すことが無理な場合、スタートメニューのプログラムから、スタートアップの項目をチェックしてください。このスタートアップに入っているショートカットは、パソコンが起動したときに自動的に実行されます。つまり、ここに入っているものは、常駐と同じ動作をするのです。

 スタートアップに入っているショートカットを右クリックから削除します。削除が不安な場合は、適当な待避用のフォルダを作っておいて、そこにドラッグすると良いでしょう。

 (元に戻すときは、スタートメニューから設定、タスクバーとスタートメニューの、スタートメニューの設定タブから行えます。詳細を押してからスタートアップを開いておいて、そこにショートカットをドラッグして入れてやればOKです。)

 

 さて!!それでも常駐を解除できないものがあります。レジストリ(Windowsの内部設定)自体に起動命令が書き込まれていて、ゾンビのようにwindowsの起動と共に起きあがってくるソフトがあります。これは、大抵絶対必要なソフトです。

 しかし、中には、それで起動される不要なソフトもあります(ショートカットメニューなど)。それらの常駐を安全に削除するツールがあります。窓の手です。

 窓の手を起動して、「自動実行」のタブを選び、左のリストから不要なソフトをクリックして選択状態にしてから、「→」をクリックして右のリストに移してやって下さい。これで常駐を外すことができます。必要になれば、「←」をクリックして元に戻すこともできます!すばらしい。

 

削除の方法

 実際に削除する際の方法ですが、コントロールパネルの中の「アプリケーションの追加と削除」からアンインストールを行ってください。フォルダをゴミ箱に捨てるというのは、まだ、絶対にしないように!!!それだけで調子が悪くなることが多いです。

 ソフトをインストールするという行為は、必要なプログラムファイルをフォルダにコピーするだけではなく、様々な設定をWindows内部に書き込んだり、Windows内部のフォルダに別の設定ファイルをコピーしたりしているのです。

 ですから、勝手にフォルダをゴミ箱に捨ててしまうと、これらの設定が残ったままになってしまうので、調子が悪くなったりします(もちろん、無事なことも多々ありますが)。

 そこで、「基本はアプリケーションの追加と削除」。「アプリケーションの追加と削除の中にリストアップされていないものだけ、フォルダごと削除」と、覚えてください。

 

 具体的な判断基準として、

  インストール時にインストーラーが作動したもの …… 大抵、アンインストールが可能。
  Lahsa等の解凍ツールで解凍しただけのもの …… フォルダごと削除してOK。

 となります。そのソフトのreadme.txt や ヘルプにアンインストールの方法が書かれていることもありますので、それを参考にするのも良いでしょう。

 (readme.txt ってなんじゃらほい?の方へ。ソフトが入っているフォルダには、大抵、そのソフトの解説が書かれたテキストファイルが入っています。そのファイルは大抵readme.txt という感じのファイル名です( .txt 部分は、テキストファイルを示す拡張子のことで、環境によっては表示されません。)

 また、アンインストール時に「共有ファイルの削除をするかどうか」聞かれることがありますが、よく分からない 場合は、必ずここで「いいえ」=「削除しない」を選んで下さい。私は、初心者の頃、ここで必ず「はい」を選んでいたため、何度も痛い目に遭いました。

 共有ファイルというのは、複数のソフトが必要としているファイルのことです。例えば、Aというソフトが動くのに file.dll というファイルを必要としていて、また、Bというソフトも同じ file.dll を必要としている場合、file.dll が共有ファイルとなります。

 これを削除してしまうと、他のソフトが動かなくなったりします。その共有ファイルが他のソフトで使われているかどうかの見分けるの初心者には難しいです。ほとんどが経験と慣れの世界(爆)。Norton Uninstall 等の削除支援ツールを使うのも一つの手ですね。

 

おまけ

 Microsoft Office のFind Fastはくせ者です。特に必要ないのであれば、インストールしない OR 常駐を外しておくほうがいいです。また、Officeのショートカットメニューも同様です。これらの常駐ソフトはマシンの調子を落とす可能性が高いです。

 また、同様に一太郎のJSクイックサーチファイル 自動更新や、JSクイックランチもインストールしないか、常駐を外しておく方がいいでしょう。

 結局、常駐ソフトはできる限り外し、必要なものだけ使うようにするがベストです。

 

 

[ 戻る ]

 


人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.