初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 



ファイルの書き換え

 web_de.cgi をテキストエディタ(メモ帳)等で開いて、自分の環境にあわせて設定を書き換えましょう。まずは、必ず変えなければいけない点だけを修正します。

 

1行目

#!/usr/local/bin/perl

 Perlが通っているパスを書きます。各プロバイダによって異なりますが、大抵はこのままで動きます。ただし、「#!/usr/bin/perl」 というのも多いです(Infoweb等)。詳しくは、皆様のプロバイダーにお問い合わせ下さい(プロバイダーのホームページや、送られてきた資料のどこかに書いてあるはずです)。

 また、場合によっては、「#!/usr/local/bin/perl5」でないと動かないこともあります。チェックしてください。

 

15行目

# パスワード
$password = 'test';

 「test」部分をあなたのパスワードに書き換えてください。

 

18行目

# このcgiファイルを入れてるフォルダを絶対パスで(http://から)指定。最後の / は不要。
$stop_u = 'http://www.xxxxx.com/~xxx/web_de/';

 web_de.cgi を入れているフォルダの絶対URLを指定します。最後の「/」は不要です。この設定を間違えると、不正アクセスと見なされたり、管理機能がうまく働かなくなるので注意してください。

 

21行目

# 戻り先。
$back_url = "../index.html";

 [戻る] リンクをクリックした際のリンク先のURLを指定します。よく分からない場合は、あなたのホームページのURLを「http://」から指定しておいて下さい。

 

24行目

# 画像ファイルを入れるフォルダ。最後の「/」は不要。
$icon_dir = ".";

 画像ファイルを入れるフォルダを指定します。通常はいじる必要はありませんが、画像ファイルをCGIファイルと別のフォルダに置くように指定されているサーバー等の場合は、ここの設定を変更して下さい。この設定を間違えると、グラフが正常に表示されなくなったりします。

 

27行目

# Location コマンドが使えないサーバーは次の設定を1に(通常は0)
$move_op = 0;

 通常は0にして下さい。トクトク等の一部のサーバーではLocationコマンドが使えず、コメント投稿時や、管理機能利用時にエラーが出ることがあります。その場合はこの設定を1にして下さい。

 

 修正が終わったら、上書き保存をします。Windowsのメモ帳を使っている場合、「名前を付けて保存」を選ぶと、拡張子が「.txt」になることがあるので、注意して下さい。

 

サーバー転送

 以上を変更したら、以下のフォルダ構成でサーバーにアップし、パーミッションを設定します。db フォルダのパーミッションはサーバーによって異なるので、777でサーバーエラーがでる人は、755にしてみて下さい。

[www]┬[web_de] ┐[777]
     │         ├ web_de.cgi [755] 
     │         ├ jcode.pl   [755]
     │         ├ master.cgi [666]
     │         ├ deny.cgi   [666]
     │         ├ access.cgi [666]
     │         ├ count.txt  [666]
     │         ├ :
     |         ├(その他のgifファイル)  
     │         │  
     │         └ [log]┐[777]
     │                 ├ 1013061956.cgi        [666]
     │                 ├ (その他ログファイル)[666]
     │                 ├ :

 

動作確認

 以上の作業が済んだら、いよいよ動作確認です。ブラウザ(InternetExplorerやNetscapeCommunicator)で、web_de.cgiファイルにアクセスしてみてください(例えば、web_de.cgi を設置したフォルダがhttp://www.snow.com/web_de/ の場合、アクセスするアドレスは http://www.snow.com/web_de/web_de.cgi となります)。

 管理ページが表示されたでしょうか?エラーが出たらここで確認を!

アドレスがあっているのにFile Not Foundやエラーが出る場合
 CGIファイルはCGI専用サーバーやフォルダに入れるように指定されているのに、それに従っていないことが考えられます。もう一度、サーバー・プロバイダーの資料等に目を通して、CGIを設置する際の注意事項を確認してください。

 

[ 戻る ]

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.