初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 


 

初めに

 初めに掲示板の最初の設定を行いましょう。「管理」ボタン画像をクリックし、管理メニューを表示させ、「掲示板設定変更」にチェックを入れ、パスワード欄にsetup.cgi ファイルで設定したパスワードを入力し、「実行」ボタンをクリックします。

 「掲示板基本設定」のページが表示されるので、背景が赤色になっている「あなたの設定」項目を以下の解説を参考に設定して、保存ボタンを押してください。

 

 「掲示板の名前」項目

 ここで入力した文字はブラウザのタイトルバーに表示されるようになります。

 

 「あなたのホームページアドレス([戻る]リンク先)」項目

 ここで入力したアドレスは掲示板の「戻る」をリンクした時のリンク先に設定されます。

 

 管理人名、修正キー、専用アイコン

 あなたが掲示板で使う名前、修正キー、アイコンをそれぞれ指定します。ここで指定した名前と修正キーで書き込みをすると、管理人の投稿と判断され、(アイコンモードがONの場合に)専用アイコンを表示します。また、(書き込み通知機能がONの場合)本人の投稿と判断し、その書き込みに関しては通知を行いません。

 専用アイコンは、サーバー側のiconフォルダ内に予め自分が使いたいアイコンを転送しておき、そのファイル名を入力するか、Uploadボタンを押してブラウザから直接画像をサーバーに転送して利用することが出来ます。また、表示ボタンを押すことで入力内容を確認することが出来ます。(ブラウザから直接画像をサーバーに転送するには、アイコンを入れるフォルダの指定を相対パスで行っておく必要があります。詳しくはこちらを参照してください。)

注意:Upload ボタンを押す前に、必ず保存ボタンをクリックして、設定を一旦保存してください。

 

 パスワード

 ここで入力したパスワードは、サブパスワードとなります。サブパスワードはsetup.cgi ファイルの27行目以下で許可した機能だけしか使えません。ちなみに、マスターパスワードは、setup.cgi ファイルの24行目で指定した文字になり、掲示板の全ての機能を利用することが出来ます。

ワンポイント:なぜ2系統のパスワードが用意されているかと言えば、CGI設置者と掲示板運営者が別々で運営者には限定された機能だけを提供したい場合や、複数の人間で掲示板を運営する場合を想定しているからです。

 例えば、気の許せる友達や常連さんに、サブパスワードを教えておき、サブパスワードに「マーキング機能」、「アイコンの設定」等を割り当てておけば、掲示板のメンテナンスや、運営の一部を委託することができるようになります。

 必ず、マスターパスワード、サブパスワード共、異なる文字を入力してください。特に、空欄を指定してしまうと、パスワードなしで機能にアクセスできるようになり、大変危険です。

 

自動アクセス禁止除外設定

 CoolShot!には、書き込み・投票行為を監視し、不自然な行為があった場合に自動的にその人を掲示板から排除する機能が付属しています。条件に該当する行為を行った人は問答無用で掲示板にアクセスできなくなるので、予めあなた自身の情報を、「自動禁止の対象外」に指定して、あなた自身がアクセスできなくならないように設定することをお勧めします。

 「セキュリティ」項目(一番下)の「オートバン除外者」欄にあなた自身のIPアドレス、もしくは、掲示板で利用する名前を入力して下さい。名前かIPアドレスが一致する人は自動禁止の対象とならなくなります。なお、この機能が不要な場合は「秒間に」の入力欄に「0」(半角のゼロ)を指定して下さい。

 

表示に関すること

1ページの表示件数

 左上のメニューを使うことで、1ページの表示件数を変更することが出来ます。これは閲覧者毎に保存されます。

ワンポイント:表示件数の変更メニューが不要の場合は、各テンプレートファイル内に書かれている■menu■の文字を削除します。

 

クイックアクセス

 クイックアクセス内の文字をクリックすると、各記事にジャンプします。 アイコンをクリックすることでページ上部に戻ります。

ワンポイント:クイックアクセスが不要の場合は、各テンプレートファイル内に書かれている■summ■の文字とその前後のテーブルタグを削除します。

 

マーキング機能

 各記事に対し、「マーキングアイコン」を表示して、指定した日数の間、マーキングすることが可能です。反響があった記事や、目立たせたい記事などに利用してください。

 「管理」ボタン画像をクリックし、管理メニューを表示させ、「記事のマーキング、レス閉じ、トップ固定」にチェックを入れ、パスワード欄にパスワードを入力し、「実行」ボタンをクリックして下さい。記事の一覧が表示されます。

 「マーク」の文字をクリックすると、現在設定されているマーキングアイコンの一覧が表示されます。記事をマーキングするには、ドロップダウンメニューから、マーキングしたいアイコンを選択し、次に、そのアイコンを表示する日数を指定してください。

 日数の指定は、一番最初にその記事を投稿した時からの計算です。途中で記事を編集したとしても、カウントは一番最初に投稿した時からになります。

 なお、日数限定なしで、永久に表示したい場合は、「-1」と、マイナスの数字を指定してください。一通り、指定が終わったら、最後に、保存ボタンを押すのをお忘れなく。マーキングアイコンを変更したい場合はこちらのページを参考にしてください。

 

認証システム

 認証システムとは、アップロードされたファイルを、管理者が認証するまでは掲示板で公開しないシステムです。このシステムを利用することで、不当・不法の画像やファイルが管理者の知らないうちに掲示板で公開されるのを防ぐことができます。

 「管理」ボタン画像をクリックし、管理メニューを表示させ「掲示板設定変更」にアクセスし、「アップロード機能」項目の「認証システム」の欄を「使う」に設定して、「保存」ボタンをクリックすると、認証システムがONになります。

 認証システムがONの場合、投稿されたファイルや画像は、「許可申請中」の画像が代わりに表示されます。ファイルを認証するには、管理メニューから「ログ表示・ファイル認証」にアクセスし、管理権限で掲示板を表示してから「許可申請中」の画像をクリックします。ファイル認証ページに切り替わります。

 ファイル認証ページではそのファイルが表示され、公開許可・ファイルのみ削除・記事ごと削除の3つを選べますので、実際のファイルを確認の上、3つの選択肢のいずれかをクリックして下さい。クリックすると再び掲示板に戻りその結果が反映されます。依然、管理権限での表示が保たれているので、連続してファイルの認証作業が行えます。

 なお、認証システムをONにしている場合、非認証のアップロードファイルに直接アクセスされることを防ぐためにファイル名を隠蔽するようになっています。また、一度認証された記事でも、編集しアップロードファイルを変更すると、再び認証が必要となります。これは無害なファイルを転送し認証を得てから、ファイルだけを不当なものに変更するといった悪質な行為に対応するためです。

ワンポイント:管理者権限はページ移動、表示モードの変更(通常表示←→ツリー表示)、及び各ファイルの認証を行っても解除されませんが、その他の行為、例えば新規投稿・レス投稿・感想ポイント投稿等を行うと直ちに解除されます。これは、管理者権限モードを解除せずにPCをうっかり放置して第三者にいじられるのを防ぐため、ちょっとした作業ですぐ解除されるようになっているからです。

 

記事の管理

記事の編集・削除

 記事の削除や編集は管理メニューの「記事の削除・編集」から行います。また、投稿時に修正キーを入力していた場合は、記事表示時に をクリックすることで投稿者が任意に後から記事を編集できます。本文を空にして書き込むとその記事は削除されます

ワンポイント:記事内容を保証するために:レスがついた記事は編集や削除が行えないように設定することもできます。その場合でも管理メニューからの編集・削除は可能です。また、編集済み記事に対して、記事の日時部分に「修正済み」の文字を入れたり、日時を太字で表示するといった取り扱いを、管理メニューの「掲示板基本設定」から変更することも出来ます。

 

削除済み・編集済み記事の確認

 管理人は削除前の記事や、編集前の記事を確認することができます。管理メニューから「ログ表示」にチェックを入れ、パスワードを入力して「実行」ボタンを押して下さい。管理者権限で掲示板が表示されます。記事番号に「*」マークが付いている記事が、削除済み・編集済みの記事です。あわせて、投稿者のホスト情報も掲示板に表示されます。

 これらの記事を管理メニューから削除する場合、同じ番号の削除済み・編集済み記事があるとそれら全てが削除されるので注意して下さい(例えば、11-2の記事を3回修正し、11-*2の記事が3個ある場合、管理メニューの「記事の削除・編集」から11-*2の3個ある記事のうちの一つだけを削除しようとしても、全部削除されます)。

ワンポイント:管理者権限はページ移動、及び、表示モードの変更(通常表示←→ツリー表示)を行っても解除されませんが、その他の行為、例えば新規投稿・レス投稿・感想ポイント投稿等を行うと直ちに解除されます。これは、管理者権限モードを解除せずにPCをうっかり放置して第三者にいじられるのを防ぐため、ちょっとした作業ですぐ解除されるようになっているからです。

 

記事のコントロール

スレッドを閉じる

 各スレッド毎にスレッドを閉じ、レスがつけられないように設定できます。これ以上レスを増やしたくない記事や、荒れているスレッド、レスをつけたくないお知らせ記事等に使ってください。

 「管理」ボタン画像をクリックし、管理メニューを表示させ、「記事のマーキング、レス閉じ、トップ固定」にチェックを入れ、パスワード欄にパスワードを入力し、「実行」ボタンをクリックして下さい。記事の一覧が表示されるので、スレッドを閉じたい記事の「レス不可」にチェックを入れ、保存ボタンをクリックします。その記事のレス投稿ボタンが消え、以後レスが出来なくなります。

 

TOPに固定する

 各スレッド毎に記事をトップに固定して表示することが出来ます。目立たせたいスレッドや、お知らせ、注意事項等にご利用下さい。

 「管理」ボタン画像をクリックし、管理メニューを表示させ、「記事のマーキング、レス閉じ、トップ固定」にチェックを入れ、パスワード欄にパスワードを入力し、「実行」ボタンをクリックして下さい。記事の一覧が表示されるので、スレッドを閉じたい記事の「TOP」にチェックを入れ、保存ボタンをクリックします。

 

感想ポイント機能について

 掲示板に投稿せずとも気軽に参加できるようにするため、記事毎にYES/NOの2択式でポイントを投票することが出来ます。投票は各スレッド毎に行われ、「Click: 」 のどちらかのアイコンをクリックすることにより投票できます。連続投票を行った場合、サンクスメッセージは表示されますがカウントはされません(投票者のIPアドレスはその都度ログファイルに記録されます)。

 投票されたポイントは10桁台を このアイコンで、1桁台を このアイコンで表示します。

ワンポイント:感想ポイント機能が不要な場合は管理メニューの「掲示板設定変更」からOFFにできます。

ワンポイント:感想ポイントのアイコンは、管理メニューの「掲示板設定変更」から変更できます。また、投票用のリンクアイコンの前にある文字の変更や、感想投票があった記事をトップに移動するように設定することもできます。

 管理メニューの「感想ポイントの編集」から投票ポイントを編集することができ、同時に過去10人までの投票者のIPアドレスが表示されます。重複投票で無効扱いの場合でもIPアドレスが記録されるようになっているので、この情報を参考に、不当行為を行っている人間のアクセスを排除することも出来ます。

 

アイコン設定機能

 管理メニューの「アイコン設定」から、掲示板で使うアイコンの設定を行うことが出来ます。

ワンポイント:i-mode.cgi で書き込まれた記事(携帯端末による書き込み)には、携帯電話アイコンが表示されます。このアイコンを変更するには、アイコンを入れるフォルダに「phone.gif」というファイル名で入れておいてください。

 

一般アイコンの設定

 一般アイコンを設定するには、アイコン名と、アイコンファイル名を入力します。

 アイコンファイル名の欄は、サーバー側のiconフォルダ内に予め自分が使いたい画像を転送しておき、そのファイル名を入力するか、Uploadボタンを押してブラウザから直接画像をサーバーに転送して利用することが出来ます。また、表示ボタンを押すことで入力内容を確認することが出来ます。

 ブラウザから直接画像をサーバーに転送するには、アイコンを入れるフォルダの指定を相対パスで行っておく必要があります。詳しくはこちらを参照してください。また、アイコン名が空欄のものは使われません。

注意:Upload ボタンを押す前に、必ず保存ボタンをクリックして、設定を一旦保存してください。

 

専用アイコンの設定

 利用者名と、アイコンファイル名、パスワードを入力します。パスワードは空欄でも構いません。パスワードが空欄の場合は、投稿時の名前と、ここで登録した利用者名が一致した場合にここで登録したアイコンを表示します。

 パスワードも入力した場合はそのアイコンにロックがかかり、投稿時の名前と修正キーが、ここで登録した利用者名とパスワードの双方に一致した場合にのみ、ここで登録したアイコンを表示します。これにより、同じ名前を入力して投稿する「なりすまし」を防ぐことができます。

 一人で複数の専用アイコンを使い分けたい場合は、それぞれのアイコンの利用者名を統一し、パスワードを別々に登録することで、パスワード(修正キー)による使い分けが可能になります。

 アイコンファイル名の欄は、サーバー側のiconフォルダ内に予め自分が使いたい画像を転送しておき、そのファイル名を入力するか、Uploadボタンを押してブラウザから直接画像をサーバーに転送して利用することが出来ます。また、表示ボタンを押すことで入力内容を確認することが出来ます。

 ブラウザから直接画像をサーバーに転送するには、アイコンを入れるフォルダの指定を相対パスで行っておく必要があります。詳しくはこちらを参照してください。また、アイコン名が空欄のものは使われません。

注意:Upload ボタンを押す前に、必ず保存ボタンをクリックして、設定を一旦保存してください。

 

アクセス情報確認

 アクセスログ機能をONにしている場合、掲示板へのアクセス状況を確認することができます。「管理」ボタン画像をクリックし、管理メニューを表示させ、「アクセス情報確認」にチェックを入れ、パスワード欄にパスワードを入力し、「実行」ボタンをクリックして下さい。

 確認できる事項は、アクセス時間、IPアドレス(場合によってはDNS)、ブラウザエージェント情報、PROXYを経由している場合は得られるだけの生IP情報、そしてリファー情報です。IPアドレスの情報は、ハッキング等に悪用される恐れがあるので、悪意のある人に見られないよう、十分気を付けてください。

 なお、自分のIPアドレス等、記録したくないアドレスを指定できるようになりました。設定方法は設定編をご覧下さい。

 

[ 戻る ]

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.