初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 

 

 

 写log RSSはブログがあるだけでは動きません。写log RSSのプログラムを設置するためのWebサーバーが必要となります。まずはこのことを確認しましょう。

 

写log RSSを動かすのに必要な物

 

レンタルのブログしか持っていない場合、それだけでは写log RSSを使うことができません。

 写log RSSを使うには、写log RSS本体プログラムを設置するための PHPが動くサーバー が必要になります。PHPがモジュール版かCGI版かは問いません。

 さらにPHPがGDライブラリを利用できる必要があります。なお、MySQL等のデータベースは利用しません。

 

PHPが動くWebサーバーを持っているか

 大抵の場合、プロバイダーが用意したWebサーバーが利用できるので、まず、そのサーバーでPHPが使えるか確認します。Webサーバーが無い場合は、PHPが動くサーバーをレンタルしましょう。有料・無料とありますが、一部無料レンタルサーバーではGDライブラリが使えないことがあるので注意して下さい。初心者の場合は、PHPが動くWebサーバーを持っている友人にお願いして、そこに写logを設置してもらっても良いでしょう。

 上級者の方は、自分のパソコンにApachとPHPをインストールし、自宅サーバーを構築してそこで写log RSSを動かす手もあります。

 

WebサーバーでGDライブラリが利用できるか

 お使いのサーバーでPHPが動くかどうか、またGDライブラリが利用できるかどうかは以下のファイルを利用して調べることもできます。

[ PHPサーバー情報確認ファイル ダウンロード ]

 ファイルをダウンロードして解凍したら、「chck_info.php」ファイルをあなたのサーバーにUPし、「chck_info.php」をページを表示して下さい。

サーバーによっては表に表示されるデーターが少なくて情報を確認できない場合もあります。その場合は、サーバーの管理者にGDライブラリが利用できるか確認して下さい。

 表が表示された場合、PHPが動くサーバーであることを意味します。次に、スクロールバーを下にドラッグし、その表の下の方にある「gd」という欄を確認します。以下の線を引いてある部分が「enabled」となっていればGDライブラリが使えることを意味します。

 


人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.