初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 


 

Return Link お勧め改造

ホームページに組み込む

 このサンプルページのように、HTMLファイル内にReturnLinkを表示する方法です。

 最初に、Return Link の諸設定を小さく表示するように変更します。setup.pl ファイルの31行目や34行目のタイトル、コメント指定を編集するか空にし(もちろん空にしなくても動きます)、36行目のフォントサイズ、39行目の表の幅、53行目の表示文字数の設定も小さめに調整します。更に、CGIになれているのであれば、248行目以下の「コンテンツ準備」の箇所を必要に応じて書き換えて下さい。

 最後に、Return Link を表示したいHTML ファイルの、表示させたい場所に次のタグを書き込みます。

<iframe src="link/system.cgi" width="350" height="250"> InternetExplorer3.0以上<br>
Netscape6.0以上のブラウザが必要です。 </iframe>

link/index.html 部分は、そのHTMLファイルから見た system.cgi ファイルのパス、もしくは同じフォルダ内にあるindex.htmlファイルのパスを書きます。よく分からない場合は、設置したsystem.cgi ファイルのアドレスをhttp:// から書いて下さい。width="350" height="250" は、表示スペースのサイズになります。適宜調整して下さい。

 

[ 戻る ]

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.