初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 


 CGIを置く場所と、その他のファイルを置く場所が別々のサーバーで、Cool Note2等、画像アップロード機能がついたCGIを設置する場合、もしくは、デザインテンプレートを利用するCGIを設置する場合の注意事項です。

 この解説は一般的な解説なので、各CGIの解説ページと併せてご覧下さい。

 

初めに

 このページでは、CGIとHTML・画像ファイルを別々に設置するように指示されているサーバー、もしくは、CGIを設置するサーバー(フォルダ)で画像ファイルやHTMLファイルが使えないサーバーに、Cool Note2、Cool Shot2、Cool Board2 等、画像アップロード機能を持ったCGI、もしくは、デザインテンプレートファイルを利用するCGIを設置するためのアドバイスを述べます。

 これらの作業を円滑に行うためは、相対URLといった、ある程度のホームページの基本事項に慣れ親しんでいる必要があります。以下の解説を読んで、意味がよく分からない人は、残念ですが、設置をあきらめてください。でも、大丈夫です。「設置したい」、「学ぼう」という気持ちさえあれば、いつかきっと分かる日が来ます。そして、その時に改めて設置してください。

 

相対URL

 CGIとHTMLを置く場所が一見別サーバーでも、パスが通っていたり、「../../public_html」のような相対パスを使うことによって、相対URLで指定することができる場合があります。このような場合は、その相対パスを、各CGIの解説ページで指定された設定箇所に記入するだけで問題なく使うことが出来ます。

 できるかできないかは、サーバーの管理人に直接問い合わせるのが手っ取り早いです。その際、「CGIから画像・HTMLファイルを相対URLで指定したいのですが、こちらのサーバーでは可能でしょうか?可能な場合、その記述方法を教えてください」といった文面で問い合わせると良いでしょう。

 なお、サーバーの設定は様々なため、私にお問い合わせいただいても、回答は不可能ですので、ご注意ください。

 

CGIを設置するフォルダで画像が使えない場合の処置

アイコンについて

 CGIを設置するフォルダで画像ファイルが使えない場合、アイコン画像等を画像が表示できるサーバーに移動させ、その移動先のパスをアイコンを入れるフォルダとして指定する必要があります。

 設定を書き込む場所は、

# アイコンを入れるフォルダを絶対パスで(http://から)指定。最後の「/」は不要。
$icon_dir = 'http://xxxx.ne.jp/~cool/note/icon';

このような場所になります。CGIによって設定場所や表記が微妙に異なるので確認してください。

 

画像アップロード機能について

 CGIを設置するフォルダで画像ファイルが使えなくても、1) 画像が表示可能なサーバーやフォルダに画像アップロード用のフォルダを設置し、 2) そのフォルダを、CGIから見て相対URLで表すことができるのであれば、問題なく利用することが出来ます。一部の特殊な環境下では、相対URLで表すことが出来なくても機能を使えるようです。

 そこで、まず画像が表示できるフォルダやサーバーに、画像アップロード用のフォルダを作ります。単純に「img」という名前のフォルダを作るのがよいでしょう。次に、各設定ファイル内の「■ 画像アップロード」項目にある

# 投稿画像用フォルダの相対パス。最後の「/」は不要。
$img_dir = 'img';

# ↓投稿画像用フォルダの絶対パス。最後の「/」は不要。
$img_fol = 'http://xxxx.ne.jp/~cool/note/img';

 の2カ所を設定してやることで利用できます。CGIによって設定場所や表記が微妙に異なるので確認してください。

 画像を表示することが出来るフォルダ、もしくはサーバーを、CGIから見て絶対URL(http://で始まるURL)でしか表せない場合、画像アップロード機能を使うことはできないと考えてください(一部の特殊な環境下ではそれでも画像アップロード機能を使うことは出来ます)。

 

CGIを設置するフォルダでHTMLファイルが使えない場合の処置

テンプレートファイルについて

 デザインテンプレートファイルを利用するCGIの場合、CGIを設置するフォルダでHTMLファイルが使えない等が理由で、正常にページが表示されない場合があります。その場合、テンプレートファイルの拡張子をdat に変更し、設定ファイル内の各テンプレートファイルの指定も同様に変更することで、大抵の場合、問題なく使えるようになります。

 (一部のCGIでは、デザインテンプレートファイルの拡張子がdatになっているものがあります。その場合はこの変更は不要です。)

 どのファイルがテンプレートファイルかよく分からない場合は、各CGIの解説ページの、ダウンロードページを見てください。下の方にどのファイルがテンプレートファイルなのかが書いてあるので、それらの拡張子を変更します。

 設定ファイル内の各テンプレートファイルの指定は以下のような感じに書き換えてください(ただし、CGIによって設定場所や表記が微妙に異なるので確認してください。)。

$tplate = 'note.dat'; # 通常表示
$tplatet = 'tree.dat'; # タイトル一覧表示
$tplatev = 'view.dat'; # 記事表示(タイトル一覧表示時)
$tplatep = 'log/past.dat'; # 過去ログ表示
          ・
          ・
          ・

 * Windowsで、拡張子を表示しない設定にしていると、正常に拡張子を変更することができなくなる場合があります。マイコンピューター、コントロールパネル、フォルダオプションをダブルクリックし、「表示」タブの「登録されているファイルの拡張子は表示しない」のチェックを外してから、テンプレートファイルの拡張子変更の作業をしましょう。なお、ファイルの拡張子を変更するには、ファイルを右クリックして、「名前の変更」を選びます。

 

過去ログについて

 過去ログ機能を利用する場合、CGIを設置するフォルダでHTMLファイルが使えないと、過去ログ機能が正常に動かない場合があります。この場合、1) HTMLファイルが表示可能なサーバーやフォルダに過去ログ用のフォルダを設置し、 2) そのフォルダを、CGIから見て相対URLで表すことができるのであれば、問題なく利用することが出来ます。一部の特殊な環境下では、相対URLで表すことが出来なくても機能を使えるようです。

 そこで、まずHTMLファイルが表示できるフォルダやサーバーに、過去ログ用のフォルダを作ります。単純に「log」や「old」という名前のフォルダを作るのがよいでしょう。次に、各設定ファイル内の「■ 過去ログ機能」項目にある

# 投稿画像用フォルダの相対パス。最後の「/」は不要
$past_fol = 'log';
# ↓過去ログフォルダの絶対パス。最後の「/」は不要。
$past_dir = 'http://xxxx.ne.jp/~cool/note/log';

 の2カ所を設定してやることで利用できます。CGIによって設定場所や表記が微妙に異なるので確認してください。

 また、HTMLファイルの表示が出来なくても、過去ログの生成だけは正常に行われている場合も多いです。その場合は、生成されたHTMLファイルを一旦FTPソフトでダウンロードし、その後、HTMLファイルが表示できるフォルダにアップロードすることで表示させることが出来ます(ただし、この場合CGIと過去ログをシームレスにリンクさせることは出来なくなります)。

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.