初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 


 

ファイルの書き換え

 c-mail.cgi をテキストエディタ(メモ帳)等で開いて、自分の環境にあわせて設定を書き換えましょう。まずは、必ず変えなければいけない点だけを修正します。

 

1行目

#!/usr/local/bin/perl

 Perlが通っているパスを書きます。各プロバイダによって異なりますが、大抵はこのままで動きます。ただし、「#!/usr/bin/perl」 というのも多いです。詳しくは、皆様のプロバイダーにお問い合わせ下さい(プロバイダーのホームページや、送られてきた資料のどこかに書いてあるはずです)。

 また、場合によっては、「#!/usr/local/bin/perl5」でないと動かないこともあります。チェックしてください。

 

14行目

# ↓sendmailパス
$sendmail = '/usr/bin/sendmail';

 CGIを設置したサーバーのsendmail のパス(場所)を指定します。sendmailのパスはサーバーによって異なるので、サーバー(プロバイダー)側から送られてきた資料や、ホームページを参考に設定してください。分からない場合はサーバー管理者に問い合わせるのが一番です(私に聞かれても分かりません)。

 なお、sendmailが使えないサーバーも結構あり、その場合はこのCGIは使えません。ご注意下さい。

 

49-50行目

# 宛先
$mail_to = 'webmaster@xxx.xxx.ne.jp';

 あなたのメールアドレスを指定します。このCGIがメールを送信する送信先になります。

 

55-56行目

# 戻り値
$return = '../index.html';

 このCGIファイルから見た、送信完了後にリンクしたいページのパスを指定します。よく分からない場合は、あなたのホームページのURLを「http://」から指定しておいて下さい。

 

 更に、 CGI 専用のフォルダ、サーバーが指定されていて、CGIを設置するフォルダではHTMLファイルが使えない場合、sample.html を開いて、次の部分を書き換えます。

 

64行目

<form method="post" action="c-mail.cgi" name="inputform">

 sample.html からみたc-mail.cgi ファイルのパスに書き換えます。分からない場合は、c-mail.cgi の絶対URLを書いてください。

 

 修正が終わったら、上書き保存をします。Windowsのメモ帳を使っている場合、「名前を付けて保存」を選ぶと、拡張子が「.txt」になることがあるので、注意して下さい。

 

サーバー転送

 以上を変更したら、以下のフォルダ構成でサーバーにアップし、パーミッションを設定します。c-mail フォルダのパーミッションはサーバーによって異なるので、777でサーバーエラーがでる人は、755にしてみて下さい。

[www]┬[c-mail] ┐
     │         ├ c-mail.cgi [755] 
     │         ├ jcode.pl   [755]
     │         ├ access.cgi [666]
     |         ├ :
     |         ├(その他の全てのファイル)  
     │         └ :  
     │
      

 

動作確認

 sample.html にアクセスして、名前、メールアドレス、コメントを入力して、送信ボタンを押してください。

ここでエラーが出た場合
Perl のパスが間違っている。
・ Perlのバージョンが5未満のサーバーである(このCGIは使えない)。

 次に、内容確認が表示されるので、送信ボタンを押してください。

ここでエラーが出た場合
・ sendmailのパスが間違っています。サーバーの管理人に問い合わせてください。

 

[ 戻る ]

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.