初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 


 

フォームページの作り方

 まずは普通にHTMLでフォームを作って下さい。フォームの作り方はここでは解説しませんので、別途教本やインターネットで調べて下さい。

 次に、<FORM> タグのACTION 属性に設置したCool Mail のパスを指定します。よく分からない場合はCool Mail のアドレスを http:// から指定します。

 最後に、入力必須項目を設定したい場合には

<input type="hidden" name="_check" value="項目名">

という書式で指定します。例えば、 <input type="text" name="名前"> という入力項目を設置した場合、<input type="hidden" name="_check" value="名前">というタグを入れることで、その項目が入力必須項目になります。

 

HTMLファイルからのCGIコントロール

 次のHTMLタグを使うことで、フォームページからCGI をコントロールすることが出来ます。

 

 <input type="hidden" name="_body" value="*****">

ボディタグを指定します。送信内容表示等に使われます。複数ページからCool Mail を利用している場合に、ページデザインを統一させたいときに使って下さい。*****部分にボディタグをそのまま書いて下さい。

 

 <input type="hidden" name="_lct" value="*****">

送信後に表示したいページのアドレスを指定します。「送信完了」等のページを用意したり、注意事項を書いたページを用意した場合はここで指定します。*****部分に用意したページのアドレスをhttp:// から書いて下さい。

 

 <input type="hidden" name="_return" value="*****">

CGIが用意する送信完了ページの「戻る」からリンクするページのアドレスです。CGIに送信完了ページを表示させる場合に使って下さい。*****部分に戻り先のページ(よく分からない場合はあなたのホームページアドレス)をhttp:// から書いて下さい。

 

 <input type="hidden" name="_no_check" value="*****">

内容確認を表示するかどうかの指定です。*****部分に on と書くと内容確認を表示せずにメールを送信します。それ以外の文字を書くか、もしくはこのタグを書かなかった場合は内容確認を表示します。

 

 <input type="hidden" name="_subject" value="*****">

メールのタイトルを指定します。複数ページからCool Mail を利用する際に、各メールのタイトルを変えたい場合に使います。*****部分にタイトルの内容を書いて下さい。

 

 

[ 戻る ]

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.