初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 


 

ファイルの書き換え

 c-count.cgi をテキストエディタ(メモ帳)等で開いて、自分の環境にあわせて設定を書き換えましょう。まずは、必ず変えなければいけない点だけを修正します。

 

1行目

#!/usr/local/bin/perl

 Perlが通っているパスを書きます。各プロバイダによって異なりますが、大抵はこのままで動きます。ただし、「#!/usr/bin/perl」 というのも多いです。詳しくは、皆様のプロバイダーにお問い合わせ下さい(プロバイダーのホームページや、送られてきた資料のどこかに書いてあるはずです)。

 また、場合によっては、「#!/usr/local/bin/perl5」でないと動かないこともあります。チェックしてください。

 修正が終わったら、上書き保存をします。Windowsのメモ帳を使っている場合、「名前を付けて保存」を選ぶと、拡張子が「.txt」になることがあるので、注意して下さい。

 

サーバー転送

 以上を変更したら、以下のフォルダ構成でサーバーにアップし、パーミッションを設定します。db フォルダのパーミッションはサーバーによって異なるので、777でサーバーエラーがでる人は、755にしてみて下さい。

[www]┬[count] ┐
     │        ├ c-count.cgi [755] 
     │        ├ count.js    [666]
     │        ├ count.txt   [666]
│ ├ index.html [644] │ └ dummy.gif [644] │ │ ├ index.html (カウンターを設置したいページ) │

 

動作確認

 まずは、c-count.cgi ファイルにアクセスしてください。エラーが出なければ、CGIは問題なく動作しています。

ここでエラーが出た場合
Perl のパスが間違っている。
・ Perlのバージョンが5未満のサーバーである(このCGIは使えない)。

 次に、アップロードした、動作確認用のindex.html ファイル(上図の構造でいくと、count/index.html ファイル)にアクセスしてみてください。カウンターの数字が表示されるはずです。何度か更新ボタンを押して、カウンターが増えることを確認してください。

  17行目 $ip_check = 0; を1にすると正常にカウントできない場合、
21行目 &get_host; を $host = $ENV{'REMOTE_ADDR'}; に書き換えて動作チェックしてみて下さい。

 

カウンターの設置

 では、あなたのページにカウンタータグを書き込んで実際にカウンターを使ってみましょう。

1) カウントしたいページに、カウント用のタグを書き込みます。できるだけ、ページの上の方(BODYタグのすぐ後)に書いてください。

<img src=count/c-count.cgi width=1 height=1>

 count/c-count.cgi 部分には、カそのページから見た、c-count.cgi ファイルのパスを書きます。上図のファイル構成でサーバーに転送した場合は「count/c-count.cgi」でOKです。よく分からない場合は、設置した c-count.cgi ファイルの絶対URL(http://から始まるアドレス)を書いてください。

2) 次に、カウンターを表示したい場所に、次のタグ記述を書きます。

<script language=JavaScript src="count/count.js"></script>

 count/count.js 部分には、カウンター表示ページから見た、count.js ファイルのパスを書きます。上図のファイル構成でサーバーに転送した場合は「count/count.js」でOKです。よく分からない場合は、設置した count.js ファイルの絶対URL(http://から始まるアドレス)を書いてください。

 これで設置完了です。カウントしたいページを表示し、数回更新ボタンを押して、カウンターが増えるかどうか確認してください。

 

設置のヒント

 カウントタグ(<img src=count/c-count.cgi width=1 height=1>)とカウンター表示タグ(<script language=JavaScript src="count/count.js"></script>)は別々の場所に設置することが出来ます。カウントタグとカウンター表示タグを別ページに設置すれば密かにカウントすることが可能になります。

 また、カウントタグとカウンター表示タグは複数設置することが出来ます。そのため、ミラーサイトや複数サイト、複数ページを一括してカウントしたりカウンター表示することが可能です。

 

ワンポイント: このスクリプトは次のように動作しています。

1) <img src=count/c-count.cgi width=1 height=1> のタグが読み込まれると、c-count.cgi が作動し、カウント処理が行われ、カウント数を1増やす。その後、現在のカウント数をcount.js ファイルに書き出す。
2) <script language=JavaScript src="count/count.js"></script> の記述が、カウントファイル(count.jsファイル)を読み込み、表示する。

 もし、1)のc-count.cgi の作動よりも先に、2)のcout.jsファイルの表示が行われた場合、「カウント数を表示してから、カウンターを1増やす」という順序になるため、カウント自体は正確に行われるのですが、表示されるカウンター数はひとつ前の数字になりますので、ご了承下さい。

 

[ 戻る ]

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.