初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 

[ 戻る ]

Vistaでパーティションのサイズを変更したり
パーティションを分割する方法

 

 ハードディスクの中には一枚のハードディスクが入っていますが、その中を論理的に分けることにより、例えばCドライブ、Dドライブ、Eドライブのように、まるで複数のハードディスクがあるかのごとく、複数のドライブとして利用することができます。

 前述したとおり、WindowsVistaであれば特別にソフトをインストールしなくてもパーティションを分割して自由にドライブを増やすことができます。ですから、例えばCドライブしかない場合に、Cドライブの容量を少なくして、空いた部分にDドライブを作ることができます。

 

 OS(Windows)をインストールしているドライブと、データーを保存するドライブを別にすることで処理効率が増し、体感処理速度が向上します。さらに、デフラグ等のメンテナンスの効率も上がります。

 また、もしドライブが一つしかない場合にリカバリをしようとすると、パソコンに保存しているデーター全てが消えてしまいますが、ドライブが複数あれば画像、メール、ワードなどのファイルを別のドライブに保存しておくことで、それらのファイルを失うことなくリカバリをすることができるようになります。

 

 ここでは、既存のパーティション(ドライブ)のサイズを小さくして空き部分を用意し、その空き部分に新たなパーティションを作る方法を解説します。

 

1) キーボードの[スタート]を押すか、もしくは画面左下のWindowsマークをクリックし、開いたスタートメニューから[コンピュータ]を右クリックします。さらにメニューが開くので[管理]をクリックします。

 

2)管理ウインドウが開くので、左の一覧から[ディスクの管理]をクリックします。すると現在のディスク構成とドライブ構成が表示されます。

 上記画像では二台のハードディスクを接続しています。一台目のハードディスクは4つのパーティションが設けられていますが、二台目のハードディスクには1つのパーティションしかありません。この、2台目のハードディスクに二つのパーティションを用意しましょう。まず、既存のパーティションのサイズを小さく変更します。変更したいパーティションを右クリックし、開いたメニューから[ボリュームの圧縮]をクリックします。

 

3)圧縮ウインドウが表示されます。ここでは、「圧縮」といっても文字通りの「圧縮」ではなく、単純に「空き容量をどれだけ作るか(その分サイズを減らす)」という意味です。つまり、選択したパーティション(ドライブ)の空き容量を利用して、新たなパーティションを作るのです。

 そのため、このパーティション(ドライブ)に保存されているファイルサイズによって、作ることのできる空き容量サイズが変わってきます。沢山のファイルを保存していてドライブの空き容量がほとんど無いような場合だと、新たに作るパーティションのサイズが小さくなってしまうので、その場合は不要なファイルを削除してから作業を行うようにしてください。ドライブの空き容量を確認する方法はこちらを参考にしてください。

 新たに作りたいパーティションのサイズを[圧縮する領域のサイズ]で指定し、[圧縮]をクリックします。この[圧縮する領域のサイズ]で指定した分が、現在のパーティション(ドライブ)から引かれ、新たに空き部分を用意することになります。

 Cドライブを「圧縮」しようとしている場合、あまりCドライブの容量を小さくし過ぎると、ウインドウズVistaの動作に影響が出てしまうので、[圧縮語の合計サイズ]は若干の余裕を持たせるようにしましょう。どれだけのソフトをインストールするかにもよりますが、Cドライブには60G〜80G程残しておくのが良いと思います。

 

4)設定したサイズで、新しいパーティションが作られます。この新しいパーティションは選択したパーティションの後ろ側に作られることに注意してください。また、表示されているサイズは、設定したサイズより若干小さくなりますが、そういうものなので異常ではありません。

 このままではドライブとして利用できないので、ボリュームの割り当てを行います。新しく作られたパーティションを右クリックし、開いたメニューから[新しいシンプルボリューム]をクリックします。

 

5)新しいシンプルボリュームウィザードの開始ウインドウが表示されるので[次へ]をクリックします。

 

6)新しく作るパーティションのサイズを設定します。通常はそのまま[次へ]をクリックすれば、先ほど作った新しいパーティション全体をドライブとして利用することができます。さらにドライブを小分けにしたい場合は、ここで小さめの数値を設定し、複数のドライブをこの新しいパーティション内に作ることもできます。

 

7)ドライブ文字(ドライブレター)を割り当てます。通常はそのまま[次へ]をクリックしてください。

* 既存のドライブ文字を割り当てたい場合、先に既存ドライブのドライブ文字を変更する必要がありますが、ある程度知識がないと危険ですのであまりオススメしません。

 

8)パーティションのフォーマット方法を設定します。特別な理由がない限り、[ファイルシステム]は[NTFS]、[アロケーションユニットサイズ]は[規定値]を指定しておけば大丈夫です。[ボリュームラベル]覧には、そのドライブに付けたい名前を入力します。このボリュームラベルはあとから変更することも可能です。

 処理時間を早めたい場合は[クイックフォーマットする]にチェックを入れてから[次へ]をクリックします。確実な作業を望む場合は[クイックフォーマットする]にはチェックを入れないでください。

 

9)確認画面が表示されるので[完了]をクリックします。

 

10) 処理には若干時間がかかります。処理が終了するとこのように新しいドライブ(下の画像ではK ドライブ)が誕生します。

 

11) 確認してみましょう。、キーボードの[スタート]を押すか、もしくは画面左下のWindowsマークをクリックし、開いたスタートメニューから[コンピュータ]をクリックします。ドライブの一覧が表示され、新しいドライブを確認することができます。

 

 

[ 戻る ]

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.